ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノの試飲会2024

ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノの試飲会2024

2月のトスカーナは、その年にリリースされるワインのお披露目試飲会が目白押しです。そのうちのひとつがヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノです。

ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノは、モンテプルチアーノで造られるDOCG(統制保証原産地呼称)のワイン。

ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノの試飲会は「アンテプリマ・デル・ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノ」で、アンテプリマとは内覧会の意味です。

試飲会の会場は、モンテプルチアーノ。モンテプルチアーノは、フィレンツェの南、約100キロのところに位置しています。

風情ある中世の街にある要塞の中が会場となります。

今年、行ってきましたので、そのときの様子をご紹介します。

モンテプルチアーノの要塞

モンテプルチアーノの試飲会の様子

今年は、アンテプリマ・デル・ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノの30周年ということで、例年にはなかったワインセミナーが会場内でおこなわれていました。

ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノ協会に加盟している生産者の数は、81。キャンティ・クラシコに比べるとだいぶ規模が小さいです。そのため、試飲会の開場は小さく、こぢんまりとしています。

その分、アットホームな雰囲気で、生産者とゆっくり話すこともできるのがよいところ。

今年の試飲会に出展していたのは、45の生産者でした。

モンテプルチアーノの試飲会場

今年リリースされるのは、2021年ヴィンテージのヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノ。

2021年ヴィンテージは4.5つ星(最高は5つ星)。熟した果実の香りが強く、骨格のあるストラクチャー、しっかりしたタンニンと酸味がある味わいといわれています。

ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノの場合、規定より長く熟成させる生産者も多いため、試飲会でのヴィンテージはさまざまになります。

それでは、当日試飲したワイナリーをいくつか紹介します。

【フレスコバルディ】

キャンティやモンタルチーノで有名な貴族ワイナリーのフレスコバルディですが、モンテプルチアーノでもワインを造っています。

凝縮した果実味で力強い味わい。

フレスコバルディ

【ボスカレッリ】

モンテプルチアーノのエレガントの代表ともいえるボスカレッリ。

フレッシュさも感じつつも、複雑で優美な味わい。

ボスカレッリ

【カルピネート】

キャンティ・クラシコで有名な大手カルピネート。モンテプルチアーノも造っています。

華やかな果実の風味としっかりした味わい。

【ファネッティ】

昔ながらの手法にこだわり、大きな古樽でリゼルヴァ(熟成期間が長いカテゴリー)のみを造っている生産者。

ナチュラルな味わい。

ファネッティ

【グイドッティ】

家族経営の小さな造り手。

エチケットがステキ。(試飲会の際は、全部の生産者を回ることはまずできないため、ジャケ買いならぬジャケ飲みも有効だと思います。予想していなかった好みのワインに出会えることも)

果実味たっぷりでまろやかな味わい。

グイドッティ

【イカロ】

1999年創業とモンテプルチアーノでは比較的新しい造り手。新しくモダンなセラーを見ることができるワイナリーです。

樽熟成の印象が強く、長期熟成できそうな味わい。

イカリオ
created by Rinker
¥2,998 (2024/05/29 01:11:39時点 楽天市場調べ-詳細)

【ポデーレ・デッラ・ブルシャータ】

モンテプルチアーノで一番標高の高い畑(600メートル)から造られるヴィーノ・ノービレ。フレッシュな酸味が印象的。

ヴィーノ・ノービレ以外も、IGT(保護地理表示)ワインやキャンティもありました。

ポデーレ・デッラ・ブルシャータ

【ポリッツァーノ】

モンテプルチアーノを代表する生産者ポリッツァーノ。

凝縮された果実の香りと優美な味わい。

ポリッツァーノ

歴史あるヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノ

「ノービレ」とは「高貴な」という意味で、モンテプルチアーノのワインが「高貴」であるということが、16世紀、ローマ教皇のパウルス3世のワイン担当者により記されています。

そんな歴史あるワインを産地で飲むことができる試飲会。ワインをその地で飲むのは、特別感があります。

アンテプリマ・デル・ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノは、一般公開されていて、だれでも参加できる試飲会ですので、ワインラヴァーのかたにはオススメです。

モンテプルチアーノは、公共交通機関でのアクセスが不便なため、車が便利です。 ハイヤーの手配もおこなっていますので、モンテプルチアーノに行きたいかた、ぜひお問い合わせください。
トスカーナのハイヤーのお問い合わせはこちらから

ワインイベントカテゴリの最新記事